犬に与えてはいけない食材リスト

食べさせてはいけない理由

ネギ類

ネギ類には、アリルプロピルジスルフィドという有毒成分が含まれています。赤血球の膜を破壊し、溶血(赤血球を溶かすこと)を起こします。赤血球が破壊されることで、急性の貧血や赤血球が使えなくなることにより酸素不足などの中毒症状を引き起こすので、もっとも注意が必要な食材です。

玉ねぎ、ニラ、ラッキョウ、ネギなどです。

コーヒー

コーヒーが中毒症状を起こす「カフェイン」が含まれた飲み物です。

 カフェイン中毒の症状としては嘔吐や下痢、落ち着きがなくなる、興奮状態、大量のよだれなど、最悪の場合は命に関わる事態となってしまいます。

チョコレート

チョコレートの主成分である、カカオには、テオブロミンといった化学物質が含まれています。

与えてしまうと、嘔吐を起こします

ぶどう類

現在の研究では、ぶどうの何の成分が急性腎不全や腎不全を起こすのかメカニズムが分かっていません。

危険かもしれないものをあえて与える必要はないので与えないのが一番です。

最近は与えても良いとされていたブルーベリーも与え無い方が良いという結果も出て来ているので与えない方がいいかもです。

ナッツ

ナッツ類は消化に悪いことから、消化不良や嘔吐、下痢の原因となってしまいます。
摂取すると下痢・嘔吐・消化不良・アレルギー・鼓腸症などを引き起こす恐れがあります。

タコ、イカ

タコ、イカに含まれるチアミナーゼは多く摂りすぎるとビタミンB1の吸収を阻害してしまう恐れがあります。

でも犬はビタミンB1を貯蔵しておくのが苦手な動物です。

なのでビタミンB1の吸収を阻害するチアミナーゼを摂らせないようにしましょう

アボカド

アボカドに含まれる殺菌作用がある成分「ペルシン」が、

犬の身体にとって有害に働くと言われています。

食べさせてる飼い主さんもいますが注意が必要です。

キシリトール

犬はキシリトールを摂取すると、インスリンが大量、急激に分泌されて低血糖になったり、肝臓に障害を引き起こしたりする危険性がので食べさせてはいけません。

牛乳

犬に牛乳を飲ませてはいけない原因は「乳糖」です。

犬に人間と同じ牛乳を与えて飲ませると、消化がしにくく下痢を起こしてしまうということが言われています。

ただ少量や犬用牛乳の場合は与えても大丈夫です。

銀杏

銀杏の中毒は、銀杏に含まれるビタミンB6を阻害する成分によって引き起こされます。

イチジク

イチジクにはフィシンというタンパク質分解酵素とソラレンという光毒性物質が含まれています。

これが犬に悪影響を及ぼすと考えられています。

犬がアレルギーを起こす危険性も高いので愛犬にイチジクを食べさせてはいけません。

菓子パン

人間のために味付けされているものは与えてはいけません。

食べてしまうと、嘔吐など病気の原因になります。

調味料

調味料全てがダメな訳ではありません。

醤油、みりん、胡椒、唐辛子、マスタードなどは与えてはいけません。

味付けに関してはこちらの動画で学んで頂けます🔻

※もうすぐアップします