夏バテ防止レシピ

キャベツのハンバーグ

昔からハンバーグは子供の大好きなメニューの定番でした。

お子様ランチのメインで、晩ごはんのおかずに出てきたら嬉しかったです。

もちろん、肉が大好きな犬にとってもハンバーグはごちそうです。

しかし、私たち人間が食べているハンバーグは塩・コショウを多く使っているため、同じように作ったハンバーグをあげてしまうと犬の健康によくありません。

そこで今回は犬が食べても大丈夫な、キャベツを使ったハンバーグの作り方を紹介します。

【材料】

・ラディッシュ:1個

・人参:10g

・パン粉:20g

・キャベツ:20g

・うずらの卵:1個

・牛ひき肉:100g

・豆乳:30g

【作り方】

1.人参を食べやすい大きさ(5cm間隔の輪切りにし8等分)

2.ラディッシュを薄く輪切りにし、茎と葉を5cmのざく切り

3.ボールに牛ひき肉を入れこねる

4.キャベツをみじん切りにする

5.ボールにパン粉、キャベツ、うずらの卵、豆乳を入れる

6.パン粉がふやけるまでこねる

7.牛ひき肉を入れ、さらにこねる

8.具材が分からないくらい混ざったら、小判型に形を整える

9.熱したフライパンにハンバーグを置いて焼く

10.フライ返しや菜箸などでハンバーグを起こし、側面もしっかり焼いてください

11.フライパンに水を入れ、フタをします。蒸し焼きにすることで中までしっかり火を通します

12.ハンバーグをお皿に移すとさっき切ったラディッシュと人参を軽く炒めます

13.お皿に盛り付ければ完成です。

【豆知識】

僕たち人間が食べるハンバーグには、玉ねぎを使います。

しかし、玉ねぎ、青ねぎ、にら、にんにく、らっきょうといったネギ類の野菜を犬に食べさせないでください。

ネギ類の野菜には「アリルプロピルジスルフィド」という成分があり、犬が摂取した場合、発熱、嘔吐、下痢などの初期症状が出てきます。さらに重症化すると震え、痙攣、貧血、血尿や血便、吐血などの中毒症状を起こしてしまいます。

この成分はどれだけ加熱しても変化しないため、ネギ類の野菜をあげることは絶対やめてください!