おやつレシピ

ささみジャーキー

今回は犬のおやつのレシピから手作り簡単ささみジャーキーの作り方を
紹介します。

ささみはたんぱく質が豊富で筋肉を作る基となるので、
毎日犬に与えても問題はありません。

しかし与えすぎると消化不良や下痢を起こす可能性があります。
与えすぎに気を付けてください。

また、ささみにはリンが含まれており、
肉だけを与えると、リンの過剰摂取とカルシウム不足から
骨がもろくなる場合もあります。

腎疾患、肝疾患がある場合、内臓疾患を悪化させる危険もあるので、
獣医師に相談しながら食べさせましょう。

【材料】

・ささみ:2本

【作り方】

1.ささみを半分に切ります。


2.お鍋にお湯を沸騰させます。

3.沸騰したらささみを入れてさっと茹でます。

※ささみが白くなるまでしっかり火を通します。

4.食べやすい大きさにカットしてラップで包みます。

5.ラップに包んだ上から伸ばし棒などで平たくしっかり伸ばします。

6.クッキングシートを敷きオーブンで焼く準備をしてきれいに並べます。

※重ならないように並べます。
7.オーブンで120度30分で焼いていきます。

8.取り出して完成です。

【豆知識】
犬が骨をくわえているイラストを目にしませんか?
小さい頃から漫画などで見ていると、犬は骨が好きと錯覚する人もいると思います。
私たちが生活している中で、身近な骨と言えば魚と鶏の骨です。
骨付き肉を食べている時、「この骨は犬がくわえるかな?」と思いませんか?

犬が骨をくわえるのは、骨にある「骨髄」という栄養を飲むためです。
私たちがガムを噛んで味を楽しむように、犬も骨を噛んで骨髄を味わっています。

しかし、私たちが食べる鳥の骨は茹でる、揚げるなど加熱処理しているため、
特に縦に割れやすくなっています。
私たちが食べて残った骨をそのまま上げると、
犬が噛み砕いてしまい鋭い破片がのどや胃に刺さりやすいため、
骨を与えるならば圧力鍋などで骨が崩れやすくしてください。