おやつレシピ

バナナシフォンケーキ

今回は犬のおやつレシピからバナナシフォンケーキの作り方を紹介します。

【材料】

・薄力粉    :25g
・バナナ    :20g
・卵白     :1個
・卵黄     :1個
・豆乳     :30ml
・オリーブオイル:小さじ1
・てんさい粉  :7g

【作り方】

所要時間は50分です。
1.容器を二つ用意。卵白と卵黄に分けます。


2.バナナの皮を剥いていきます。


3.バナナを一口大に切り分けていきます。


4.卵黄を大きな容器に移し切り分けたバナナを投入します。
5.泡立て器を使って潰しながら混ぜていきます。


6.オリーブオイルを投入します。


7.豆乳を投入します。


8.さらに泡だて器を使って混ぜていきます。
バナナの形がなくなるまで混ぜていきます。


9.ある程度混ぜられたら薄力粉を投入します。


10.再度泡だて器を使ってトロトロになるまでまぜていきます。


11.もう一つ大きな容器を用意して卵白を投入します。


12.てんさい粉を投入します。


13.泡だて器を使って混ぜていきます。
泡立ってホイップクリームになるまで混ぜていきます。


14.できたホイップクリームをもう一つの容器の方に入れます。


15.へらを使って切るように混ぜていきます。
トロトロに混ぜ、ぬめりけが出るまで混ぜていきます。


16.オーブン用の型(丸いタイプ)にいれます。
鉄板のうえにキッチンシートを敷き、その上に容器をのせます。


17.オーブンに入れて180度15分で焼いていきます。


18.オーブンから取り出したら適量に切り分けていきます。


19.これで完成です。

【豆知識】

今回は「バナナ」についてです。

バナナは犬が食べても基本的には問題ありません。
ただし、次に紹介する点に気をつけて与えてください。
また、どんな食べ物でも、体を痒がったり、下痢をしていないかなど体調の変化を確認し、その犬の体に合うかどうかをしっかり様子を見て、あげていきましょう。

与えるときに注意すること4つあります。
1つめはアレルギーです。
下痢、嘔吐、痒みを伴う症状が出る、バナナアレルギーの犬もいます。バナナアレルギーの犬にバナナをあげるのは絶対にやめましょう。

2つめは必ず皮を剥いてからあげましょう。
バナナの硬い皮は消化が悪く、のどや腸などに詰まる可能性があります。最悪の場合、命に関わる腸閉塞を引き起こすこともあるため、決して食べさせないでください。

もしも犬が皮を食べてしまった場合は、すぐに動物病院で診てもらいましょう。「塩を飲ませて吐かせる」といった間違った応急処置を紹介する記事もありますが、絶対にしないでください。犬が塩中毒となり、命を落とす恐れもあります。

3つめは実はカットして量は少量であげましょう。
実をつぶすか、粗みじん切りほど小さくカットしてからあげましょう。のどに詰まらせることがあるので、塊のままあげるのはおすすめしません。

また、バナナ1本(100g)は約84キロカロリーと、高い栄養価の割にカロリーは低めですが、食べ過ぎると肥満に繋がります。少量をおやつとして与えましょう。

4つめはカリウム補給はバナナよりサプリがおすすめです。
腎臓が弱っている犬へのカリウム補給として、安直にバナナを与えるのは避けましょう。動物病院で処方されたサプリを飲ませる方がカリウム補給には的確です。

誕生日やクリスマスなど犬にもケーキを食べさせたいと思うとき、ぜひ作ってあげてください。