おやつレシピ

レバーとネバネバ飯

今回は犬のご飯のレシピからおすすめレバーとネバネバ飯の作り方を紹介します。

【材料】

・チキンスープ:500ml
・レバー・ハツ:60g
・山芋 :100g
・白菜 :60g
・ナメコ :30g
・ゴボウ :40g
・舞茸 :50g
・オクラ :4本
・納豆 :1パック
・リンゴ酢 :大さじ1
・生姜 :少量

【作り方】


1.ゴボウの皮を削いで5センチくらいに切っていきます。

2.ゴボウを水に5分間浸けておきます。

3.白菜を細かく刻みます。

4.オクラを細かく刻みます。


5.ナメコを食べやすい大きさに細かく刻みます。

6.舞茸を食べやすい大きさに細かく刻みます。

7.ハツとレバーを一口大に切っていきます。

※肝臓系は好きな犬が多いので与えすぎに気を付けましょう。

8.ハツとレバーをお鍋で炒めます。

※しっかり炒めます。
9.しっかり炒めたところで細かく刻んだ具材をお鍋に投入します。

10.へらでよく混ぜたあとにナメコを投入します。

11.ゴボウをお鍋にすりおろしていきます。

12.チキンスープを500mlお鍋に入れていきます

13.蓋をして5分間煮込みます。

14.5分経ったら器にうつして冷まします。

15.粗熱がとれたら容器に山芋をすりおろします。


16.リンゴ酢と生姜をいれます。


17.手で混ぜていきます。


18.よく混ぜたら納豆をのせます。


19.これで完成です。

【豆知識】


今回は「レバー」についてです。

犬がレバーを食べても基本的に大丈夫です。
犬によって好みもありますがドッグフードやドライフード並みに食べるのが好きな犬もいます。
レバーを犬が食べることで、皮膚や粘膜の強化にも良いと言われているので、手作り食(ご飯)などを作る際には積極的に使用して食べさせると良いでしょう。
確かに、過剰にレバーを与え続けることによる健康トラブルの可能性がないとは言えませんが、普段の食事に追加する分には問題はありません。
レバーは栄養バランスが良く、手作り食(ご飯)を作る際のおすすめ食材です。
犬にレバーを食べさせる時、気になるのが「生のレバーは大丈夫なのか?」という点です。

生のレバーには食中毒の原因となる細菌や寄生虫がいる可能性があります。
細菌は犬に感染するだけでなく人にも感染する恐れがあるので、生のレバーは必ず「茹でたり」「焼いたり」するなど、加熱調理してから愛犬に与えましょう。

初めて愛犬にレバーを食べさせる際の注意点ですが、愛犬があまり食べ過ぎないように摂取量に気をつけ、少量からはじめましょう。
もし、下痢(げり)をしてしまうなどの異変が見られた場合はレバーを与えるのは控え、かかりつけの動物病院の獣医師に相談してください。

これから暑い夏を迎えるので元気をつけるのにレバーの料理を愛犬に与えてみるのもいいですね。