胃腸ケアレシピ

牛肉・野菜たっぷりの犬ご飯

ニンジンは酸化を防ぎ、免疫力を高める効果が期待できるβカロテンやビタミン類が豊富です。
しかし、生のまま与えると食物繊維をうまく消化できず、便が緩くなったりすることがあります。ニンジンを与える際は絶対、加熱して与えるようにしましょう。
また、ごくまれにアレルギー症状を発症する場合があります。
嘔吐や吐き気、下痢、目の充血などがアレルギーの症状となるので、ニンジンを与えるときは、少量から始めてください。
犬の体調に異変が起きた場合、アレルギー症状の可能性もあるので、それ以上は与えないでください。

今回はニンジンや里イモ、ブロッコリー、ラディッシュなど様々な野菜を使ったご飯を紹介します。

【材料】

・水:500ml
・牛赤身肉:180g
・里イモ:120g
・ニンジン:100g
・ブロッコリー:60g
・豆腐:1丁
・パセリ:1~3房
・ラディッシュ:140g

【作り方】

1.パセリを切っていきます

2.ニンジンの皮を剥いていく

3.ニンジンをだいたい3cm前後にカット。色が異なるニンジンを使うと彩りがきれいです

4.ラディッシュを縦に半分切ります

5.鍋を熱します

6.鍋が温まったらお肉を炒めます

7.肉の鍋に野菜を入れ、さらに炒めます。なお、里イモは除いてください

8.里イモを入れ、炒めます

9.野菜が柔らかくなったら、お水を500ml入れます

10.10分煮込みます

11.器に移して冷まします

12.お豆腐を手で崩しながら入れます

13.完成

ニンジンは僕たちに馴染みの「オレンジ色」以外に、紫や黄色(黄緑)、赤などがあります。
見栄え、彩りの他、赤のニンジンはリコピンが含まれていて、生活習慣病の予防、コレステロールの改善に適しています。
紫のニンジンはポリフェノールが含まれており、動脈硬化などを防ぐ抗酸化作用があります。

見栄えだけでなく、様々な栄養が犬に与えられるので、様々な色のニンジンを使ってみてはどうでしょうか?